2010年01月25日

大阪・羽曳野の発砲事件の容疑者上着に4発装填の予備弾倉  (産経新聞)

 大阪府羽曳野市の居酒屋で3人が殺害されたライフル銃発砲事件で、自殺した大阪市環境局職員、杉浦泰久容疑者(49)が、弾を撃ち尽くしても即座に補充できるよう実弾4発が装填(そうてん)された予備の弾倉を上着に隠し持っていたことが18日、捜査関係者への取材で分かった。事件発生から19日で1週間。府警は、離婚トラブルで自暴自棄になった末の犯行との見方を一層強めている。

 杉浦容疑者が着ていた迷彩服のポケットには、十数発の予備の銃弾が入っていたことがすでに判明しているが、うち4発は弾倉に入れた状態だった。犯行に使われたライフル銃は5弾装填式で、銃身に装填した1発と、弾倉の4発を連射できる。全弾を撃ち尽くしても弾倉を入れ替えると即座に次の弾を撃てる構造で、杉浦容疑者が所有していた猟銃5丁のうち、最も装填弾数が多い銃だった。

 杉浦容疑者は12日夕、離婚をめぐって妻(48)と店で口論になった後、いったん帰宅。相当量を飲酒し約2時間後に、再び店に現れて犯行に及んでいた。府警は、客として偶然居合わせた店の大家の上原浩人さん(49)にも2発発射していることなどから、杉浦容疑者は無差別的に発砲した可能性が高いとみている。

【関連記事】
福井さん、上原さんの通夜しめやかに 羽曳野3人殺害
発砲直前に離婚説得、妻と義母ら容疑者宅で 大阪・羽曳野射殺
警察庁長官「銃刀法検証も」 大阪・羽曳野射殺事件で
大阪・発砲で死亡した大家「何でわしが…」
予備弾15発を所持、義母を最初に狙う 羽曳野乱射男

看護師殺人未遂が時効=私的懸賞金も、有力情報なく−大阪府警(時事通信)
病院再診料、診療所並みに引き上げを―民主議連が報酬配分で要望(医療介護CBニュース)
虐待防止へ親権一時停止制度など提言(読売新聞)
「戦って」は検察批判ではない 鳩山首相(産経新聞)
日教組 きょうから教研集会 消えた「対決姿勢」 地方組織と温度差(産経新聞)
posted by オオクボ ヒロシ at 21:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<五泉市長選>前副市長の伊藤勝美氏が初当選(毎日新聞)

 五泉市長(新潟県)前副市長の伊藤勝美氏(59)が初当選。前市議会議長の林茂氏(61)▽前市議の町田俊夫氏(61)を破る。投票率は68.26%。

 確定得票数次の通り。

当13530 伊藤 勝美

=無新<1>

 10395 林   茂

=無新

  7529 町田 俊夫

=無新[民]

<スカイネットアジア機>車輪トラブル 手動で出し羽田着陸(毎日新聞)
小沢氏ほころぶ主張 3年前の会見検証「原資は寄付金」「土地相続できず」(産経新聞)
小池百合子氏「自民党幹事長なら、即死」と小沢氏批判(スポーツ報知)
漫画全巻販売がヒット 大学院の経験生かす(産経新聞)
「女性埋めた」と男が出頭=京都府内で捜索−兵庫県警(時事通信)
posted by オオクボ ヒロシ at 11:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。